一般社団法人・NPO法人設立、運営なら東京・銀座発の一般社団法人・NPO社団ドットコム。初回相談無料(メール・お電話・対面)。アクセスしやすい銀座オフィス

HOME » 一般社団法人の基礎知識 » 営利法人と非営利法人の違いについて

営利法人と非営利法人の違いについて

法人の種類は大きく分けると二種類

自然人以外で法律上の権利義務の主体となることができるものを法人といいます。そして法人は、大きく分けると「営利法人」「非営利法人」に分けることができます。

営利法人とは

「営利法人」とは構成員への利益分配を目的とした法人で、株式会社や合同会社(LLC)などがあたります。たとえば株式会社は株主の利益分配を目的とする営利法人です。

 非営利法人とは

一方で、「非営利法人」とは、構成員への利益分配を目的としない法人となります。NPO法人や、公益法人、社団法人、財団法人、その他宗教法人、学校法人、社会福祉法人などがこれにあたります。

非営利法人は利益を得てはいけないと思われがちですが、そんなことはありません。ボランティアだからお金を払って雇ってはいけないということはなく、お給料を払うことはできます。

ただし、収益は構成員に分配するのではなく、その団体の目的を達成するために使っていきます。法人設立を検討する場合、団体の目的とは何か?営利法人なのか?非営利法人なのか?構成員の関係は?様々な要件を慎重に検討しましょう。ご不明な点がございましたら、ぜひ当事務所へご相談下さい。

 

お問い合わせはこちら

行政書士石下貴大事務所
代表者 代表 行政書士石下 貴大
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座1-15-7マック銀座ビル504
TEL:03-5948-7116
FAX:03-5524-7257
MAIL:info@syadan-npo.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~20時まで 土日祝日休み
※事前にご連絡をいただければ営業時間外や土日祝日も対応させていただきます。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab