一般社団法人・NPO法人設立、運営なら東京・銀座発の一般社団法人・NPO社団ドットコム。初回相談無料(メール・お電話・対面)。アクセスしやすい銀座オフィス

HOME » NPO法人の基礎知識 » 一般社団法人とNPO法人の違い

一般社団法人とNPO法人の違い

一般社団法人、NPO法人ともに非営利法人です。

では一般社団法人とNPO法人の違いは何でしょうか?

設立の目的や行おうとする事業に一番あっているのかよく検討が必要です。

まず大きな違いは一般社団法人が登記だけで設立できるのに対し、NPO法人は認可が必要だという点です。

そのため設立までにかかる期間が一般社団法人が1週間から2週間であるのに対し、NPO法人では数か月必要となります。

そして設立時の人数は一般社団法人が社員2名以上で設立できますが、 NPO法人は10人以上必要です。

また事業目的は一般社団法人は自由ですが、NPO法人はNPO法に定められている17種類のみになります。

以下、表にまとめてみました。

一般社団法人 NPO法人
設立手続き 設立登記のみ 所轄庁の認証後、設立登記
設立時資金(基金) 不要 不要
設立者数 2人以上 10人以上
理事数 1人以上 3人以上
監事数 1人以上(理事会設置の場合) 1人以上
会計監査人数 原則不要 不要
公証人手数料 50,000円 不要
登録免許税 60,000円 不要
所轄庁 なし 都道府県庁又は内閣府
監督 なし 都道府県庁又は内閣府
許認可 なし 認証
設立期間 2週間~3週間程度 4ヶ月~6ヶ月
社会的信用 低い 高い
課税 全所得課税と収益事業課税に区分 収益事業課税
税率 会社と同じ 会社と同じ
寄付金優遇 非営利型の場合、優遇アリ なし
報告 なし 毎年度所轄庁に提出
法人格取消し 休眠の場合解散 認証取消しの場合解散

お問い合わせはこちら

行政書士石下貴大事務所
代表者 代表 行政書士石下 貴大
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座1-15-7マック銀座ビル504
TEL:03-5948-7116
FAX:03-5524-7257
MAIL:info@syadan-npo.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~20時まで 土日祝日休み
※事前にご連絡をいただければ営業時間外や土日祝日も対応させていただきます。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab